インテリアは家が完成してからコーディネートする

いよいよ念願のマイホームを建てるとなると内装材選びも、この部屋はこれでこちらの部屋はこれを使いたいと仕上げ材を変えたりしたくなりますね。 

 

高級ホテルのような雰囲気や店舗に見られる変わった内装等自分の家でもしてみたいって方にはビニールクロスがお勧めです。 

 

ビニールクロスならそれぞれの室を違う色柄の物を貼っても飽きたり好みが変わったら又張り替える事もできコストがかからずに済みます。

 

ビニールクロスにはマンション等に使われる量販タイプが最も安いですが、色柄の数は限られます。 

 

弊所ではワンランクアップのビニールクロスを標準としています。

ワンランクアップの壁紙ならいろんな色柄の中から選べます。 

 

ビニールクロスではなくて違う材料 たとえば 

 

タイル・板張り・左官仕上げ壁等は材料費がアップします。

 

各部屋の仕上げ材料を変えると同じ物を使うよりもそれぞれに違う材料が必要になり、少しの面積でも材料は1梱包で仕入れなくては 

ならず余った物は処分となりますが、 

余って処分する分まで費用を支払う事になります。 

 

人それぞれ好みが違い、好みの内装材を選ばれて楽しまれるのもいいですが、インテリアは家が完成してから室内に置く、ベットや机・テーブル・椅子等の家具 絵画や観葉植物・インテリア雑貨・照明器具等でコーディネートして 全体の雰囲気を楽しまれてはいかがでしょう。

 

写真は安価な構造用合板の壁に天井は事務所等で使われるジプトーンを貼った設計事例です。

 

床や壁・天井でインテリアを飾って作ろうとせず、万人受けするシンプルな仕上げにするとローコストになるだけでなく、中古住宅としても市場価値が上がるものです。

 

無料相談はこちらからお気軽にどうぞ