古民家リノベーション 浴室

浴室 改良後

古民家の浴室リノベーション後の様子です。

もともと浴室があった場所では天井高さが取れなかったので違う場所に浴室を計画しました。

 

給湯器を設置したので蛇口やシャワーからお湯が出る他、追い炊きや

保温機能もあり使いやすくなりました。

 

以前のように浴槽への出入りに高低差が無く入浴しやすいです。

 

入浴中に訪問者があっても外から見えないように複層ガラスの中にブラインドを内蔵した窓を設けています。

 

窓を閉めたまま入浴しながら外の景色を見る事もできます。

写真は雪が積もっている時の物です。

 

庭の雪化粧を見ながらの入浴もいいですね。

 

浴室 改良前

古民家の改良前の浴室の様子です。

 

お風呂を沸かすのは薪でした。

 

浴槽の下に薪を燃やす構造なので浴槽が洗い場よりもすごく高いです。

 

浴槽への出入りが危ない状態です。

 

タイルの土間は冷たく滑りやすく、ヒートショックの心配もありました。

 

太陽熱温水器の設置がありますが、寒い季節は全く使えませんでした。