カテゴリ:天井が高い家



心地良い家 · 2020/03/22
ローコストの住宅を創る為には無駄な部分を削ったプランが必要です。 ローコスト住宅メーカーが価格を抑える為に安く仕上げる建て方をしていますが、見るからに安っぽい。 どの部屋も四角い箱型で低い天井に白いビニールクロス貼りの部屋ばかり、確かに施工手間や建築材料代は安くなります。 でも住宅そのものに魅力がありませんね。...
平屋住宅 · 2020/02/18
兵庫県宝塚市の平屋住宅は古民家の様な太い梁丸太が見える家です。 弊所に設計依頼を頂く前に大手ハウスメーカー数社で検討されていましたが、梁丸太の見える家にしたいと要望してもできないって断られたそうです。 ハウスメーカーには規格の仕様があり自由設計・注文住宅と言いながらすべて自由になるわけではありません。
省エネの家 · 2020/02/09
住宅の断熱工事で多いのが2.4mくらいに水平に張られた天井の上に 断熱材を敷きこむ工法です。 天井断熱の場合天井裏の空間使えません。 写真は屋根勾配なりに屋根断熱としています。 天井よりも屋根部分でしっかり断熱すれば小屋裏空間が有効利用できます。 屋根の勾配形状をそのまま室内の天井とする事ができるので、高い天井とする事ができます。...
心地良い家 · 2020/01/24
岡山県瀬戸内市牛窓のローコストデザイナーズ住宅の玄関ホールの様子です。 吹き抜けの玄関ホールです。 居室を吹き抜けにする事もできますが、冷暖房効果が半減するので、玄関ホールの吹き抜けとしました。 吹き抜けは通常2階の天井が1階から見えますが、この家は2階の天井を張らずに小屋裏形状が見える構造なので通常よりも高い吹き抜けとなりました。...
心地良い家 · 2020/01/08
室内の天井仕上げは2.4mくらいの高さで水平に貼られて仕上げはビニールクロスが一般的です。 天井高さが低い方が内装壁材料の面積も少なくなりローコストになるメリットがあります。 大工さんや内装屋さんの仕事も簡単で手間がかからないメリットや電気配線を天井裏に配線しやすい事もありますね。...