カテゴリ:ロフトのある家



良い家を安く建てられるといいですよね。 ローコスト住宅には構造耐力上や性能に劣る材料を集めて作った物がありますが、 弊所は安かろう悪かろうのローコスト住宅は創りたくありません。...
心地良い家 · 2020/05/19
姫路市のI様邸の設計事例です。 ご主人の書斎は2階にあります。 3帖の書斎ですがその上に5畳のロフトがあり、合計8帖の書斎として使えます。 写真は5帖のロフト部分ですが壁はDIYで漆喰を塗られました。 床はタイルカーペットをDIYで敷き詰められました。 ロフトは天井高さの制限がありますが床面積には含まれません。...
心地良い家 · 2020/03/22
ローコストの住宅を創る為には無駄な部分を削ったプランが必要です。 ローコスト住宅メーカーが価格を抑える為に安く仕上げる建て方をしていますが、見るからに安っぽい。 どの部屋も四角い箱型で低い天井に白いビニールクロス貼りの部屋ばかり、確かに施工手間や建築材料代は安くなります。 でも住宅そのものに魅力がありませんね。...
外観デザイン · 2020/03/20
岡山県津山市のN様邸はロフトと屋上のある四角い家です。 2階にLDKを設けて小屋裏空間を利用したロフトと繋がります。 リビングから固定階段でロフトに上がり降りできるので荷物を持ちながらも安全です。 さらにロフトから屋上へと繋がります。 ロフトも屋上も3階の床部分の高さになるので、見晴らしが良く近隣の視線も気になりません。...
省エネの家 · 2020/02/09
住宅の断熱工事で多いのが2.4mくらいに水平に張られた天井の上に 断熱材を敷きこむ工法です。 天井断熱の場合天井裏の空間使えません。 写真は屋根勾配なりに屋根断熱としています。 天井よりも屋根部分でしっかり断熱すれば小屋裏空間が有効利用できます。 屋根の勾配形状をそのまま室内の天井とする事ができるので、高い天井とする事ができます。...
心地良い家 · 2020/01/28
岡山県津山市のローコストデザイナーズ住宅は固定階段で上がり降りできるロフトのある家です。 分譲地の一区画で南側・西側共、隣の家が接近して建つ立地の為、日当たり 風通しの良い2階にLDKをプランしました。 片流れの屋根形状から生まれる小屋裏の空間を生かしたロフトは1階や2階に部屋を増やすよりもローコストになります。...
心地良い家 · 2020/01/10
兵庫県姫路市のI様邸は天井裏空間を有効活用したロフトのある家です。 建築地は住宅が密集した地域なので日当たりや風通しの良い2階にLDKを設けました。 片流れ屋根の形状から生まれる小屋裏の空間を生かす事でLDKの上部には7.5帖のロフトができました。 高い天井のLDKにロフトのある空間は大人も子供もワクワク楽しくなります。