失敗しない家づくりの為に

建築基準法に地震力や風圧力に対する軸組計算があります。 地震力に対する必要な耐力壁は床面積に係数を掛け算しますがその時 瓦など思い屋根の場合は金属板などの軽い屋根よりも係数が大きくなります。 ややこしい話ですみません。 要するに軽い屋根の方が地震に対して建物そのものが強くなります。...
住宅は平屋や3階建てもありますが一番多いのが2階建て住宅です。 平屋住宅は基礎や屋根面積も多くなりコストアップになる事や敷地面積が広く必要になる デメリットがあることから2階建て住宅が一番多いのではと思います。 2階建て住宅を建てられるなら部分2階よりも総2階にされるとローコストになります。...
家を建てる時にどこに頼もうかって考えますよね。 近くに住宅展示場があるからとりあえず見に行ってみようって行かれる方もあります。 住宅展示場には大手ハウスメーカーのモデルハウスがいっぱい建っています。 見に行くと、粗品がもらえたりパンフレットも貰えます。
よく8帖の部屋とか6帖の部屋って言いますが関東間と関西間で部屋の広さが違います。 モジュールって聞かれた事があると思いますが、メーターモジュールなら1メートルが柱芯から柱芯の距離になります。 尺モジュールは91センチが柱芯から柱芯の距離になります。 昔から関東間、関西間、九州四国間というように部屋の寸法が決まっていますが...
自分で間取りプランを考えられる方もありますね。 南側の景色の良い方向は全部ガラスにしたいとか考えられるかもしれませんが、木造住宅は鉄筋コンクリート造の建物の様に耐力壁を設けずにプランする事はできません。 耐力壁とは筋かいや構造用合板等の面材張りの壁の事を言います。 写真は外壁に構造用合板を張っている工事中の様子です。...
お客様からのお問い合わせでよくあるのが、ローコスト系のハウスメーカーの広告価格を見て弊所にいくらでできますか?ってお話です。 住宅価格を比較されるなら、構造部分から内装・外装・設備機器・断熱性能まで全く同じ内容で比較しないと意味がありません。...
家を建てる前に必要なのが設計図面ですが、建築会社は詳細な図面を書かないところが多いです。 建築確認申請に必要な配置図、平面図、立面図程度の図面をお客様に提示して請負契約をする場合もありますね。 規格住宅とちがって注文住宅は一戸一戸違うので詳細な図面が必要です。 弊所では設計図面は50枚を超えます。...
新庄一級綜合建築設計は兵庫県西播磨で唯一の次世代住宅ポイント申請窓口です。 ポイント発行申請期限は令和2年3月31です。 申請期限間際は混雑が予想され来店予約が困難な場合もあります。 余裕をもって早めに申請いただきますようお願いします。  ・お越しの際は、予めお電話の上、ご来店頂きますようお願いいたします。   (...
洗濯物を干す場所に多いのがベランダですね。 屋根のあるベランダなら急な雨にも慌てなくて済みますが、花粉症の方は外で洗濯物を干したくない物です。 洗濯物泥棒や近所の人から洗濯物を見られるデメリットもあります。 間取りなどプランニングの際にサンルーム兼物干し場を考えておくと便利に使えます。
住宅の依頼先にはハウスメーカー・工務店・建築家などがあります。 多くは住宅展示場のハウスメーカーの家を見に行って営業マンに契約を迫られて家を建てるケースですね。 でもほんの少数の人は大手ハウスメーカーを断って弊所の様な小さな建築設計事務所に依頼されます。 兵庫県神崎郡福崎町のY様から頂いたメールです。↓...

さらに表示する