失敗しない家づくりの為に

屋根の形は外観デザインに影響するものですが、ローコストになるのが緩い勾配のシンプルな形状です。 屋根の勾配が緩いと屋根の施工面積が少なくなります。 屋根材だけでなく屋根の下地材や構造材も少なくなりますね。 急な勾配の屋根は大工さんや屋根屋さんの作業も危険で足場も必要になりますが緩い勾配だと安全に作業できます。...
インターネットや広告チラシで安い価格の住宅を見ますね。 4LDKで1050万円~ って大きく書いてあります。 きれいな外観パースも載っていますが、小さな字で上記パースの屋根形状はオプションですって書いてあります。 片流れの単純な屋根なのにオプションですってどういう事 ? 標準の外観パースをなぜ載せないのでしょう?...
注文住宅はあなたのご要望をお聞きして白紙の状態からプランします。 プラン作成はご要望の他、敷地の形状や隣の建物状況・各種法的制限等も考慮して作成するので難しいものです。 ご要望が多い場合は何日も一生懸命考えても全て満たす事が出来ない場合もありますね。...
住宅会社のホームページを見るとスタッフ紹介として何人も掲載されてたりしますね。 そこそこ従業員も複数人いて安心って思いますが ある住宅会社の従業員の肩書きは新築住宅アドバイザーって書かれてたり住宅プランナーって書いてあります。...
良い家を安く建てられるといいですよね。 ローコスト住宅には構造耐力上や性能に劣る材料を集めて作った物がありますが、 弊所は安かろう悪かろうのローコスト住宅は創りたくありません。...
住宅の各部屋ごとに建具を付けるのがあたりまえの様に考えがちですが 建具が無くなればその分建具代が不要になりコストダウンになりますね。 既製品の室内建具でも1箇所10万円くらいするものです。 建具を無くせる箇所が5箇所あれば50万円くらい安くなりますね。 例えばウォークインクローゼット...
低価格の住宅には3LDKで800万円程で掲載されているのがありますね。 どんな物なんだろうと ネットに掲載されている超ローコスト住宅を見てみました。 キッチンや洗面台やお風呂やトイレ等の設備機器が掲載されていますが、構造や性能関係は全く記載されていませんでした。 その超ローコスト住宅のホームページに現場ブログがありました。...
この間我が家のテレビのリモコンが故障しました。 10年も経ってないのですが、販売店に聞くと「もうその機種のリモコンは無いです」って言われました。 テレビは故障してないのでリモコンだけなんとかならないかとネットで調べて見ると汎用タイプの物が見つかりました。 今の住宅って高額な設備機器が多いです。...
誰もが名前を知っている大手の住宅会社って安心でしょうか? 過去には野村ホーム・三井物産ハウステクノ・富士ハウスなどの倒産事例もあります。 私は上場企業でははありませんが地域ではそこそこ大きい住宅会社に勤めていました。 家を建てる土地を確保すれば売れる景気のいい時代で夜遅くまで働いていましたが景気が後退するとと同時に...
建築基準法に地震力や風圧力に対する軸組計算があります。 地震力に対する必要な耐力壁は床面積に係数を掛け算しますがその時 瓦など思い屋根の場合は金属板などの軽い屋根よりも係数が大きくなります。 ややこしい話ですみません。 要するに軽い屋根の方が地震に対して建物そのものが強くなります。...

さらに表示する