ローコスト住宅を作る為の平面計画のポイントの1つ、 小さな部屋をたくさん作らず、部屋数はできるだけ少なくすると、ローコストとなります。 部屋数か゜多いと、間仕切壁、建具、照明器具、コンセント、窓の数、が当然多くなり 構造材料、仕上げ材料費も工事手間もかかります。...
屋根の形状には、切り妻、寄せ棟、入母屋、片流れ、等があります。 ローコストでおすすめは、片流れや切り妻です。 片流れ屋根は、梁間の大きい建物ですと、片方の屋根の高さが高くなりすぎるので、緩い勾配が可能なガルバリウム鋼板葺き等がお勧めです。 タテヒラ葺きは1寸勾配でも可能です。...
ローコスト住宅を創るポイントは できるだけコンパクトなお家にすれば当然工事費が安く済む訳ですが、 それでも予算がない場合必要最低限の間取りにしておいて将来増築する方法も 考えられます。 その為には最初から増築しやすい建物にしておく必要があります。 敷地に余裕があれば、増築しやすい建物配置にしておく事。...
前回ゾーニングのお話をしましたが、おおまかな間取りのイメージがつかめたら各部屋の広さ、配置を考えます。 その際に各部屋の一般的な広さを知っておくと簡単な間取り図を書くのにも便利です。 ローコスト住宅とする為には建物面積は当然小さいほうが安くなります。 広いリビングがいいからといって、最初から広くしすぎると予算オーバーになりかねません。...
家づくりの間取りを考える時に窓の大きさやキッチン、カウンター、収納など細かい事に気を取られがちですね。 建築主様から要望として細かな事をいっぱい書かれたものを頂く事がありますが、 細かい事ばかり先に考えても家全体のプランはよくなりません。 全体の構想を考えてから細かな事をきめていくと良いプランになります。...
使い勝手の良い家を作るポイントに動線があります。 動線とは人が家の中を移動した時の軌跡の事です。 家の中の人の動きが短く無駄なくできると、効率がよくストレスにもなりません。 特に家事に使用するダイニング、台所、浴室、洗濯、洗面、等の部分は効率よく短く動ける ように近くに配置すると、作業効率もアップしてたすかります。...
大きな家は当然建築工事費が高くなります。 それでは、小さな家でも広く使えるように工夫すればいいのです。 小さくても広く使えるポイントのひとつに小屋裏空間の利用があります。 あなたのお家の天井裏の部分は有効に活用されていますか? ロフトとは建物の最上階または屋根裏にある部屋です。 天井の下でなく直接屋根の下にあり、物置などに使われます。...
兵庫の建築設計事務所、新庄一級綜合建築設計では建築主様に自分でできる部分は DIYをお勧めしています。 DIYで簡単にできる物にタイルカーペットがあります。 写真は兵庫県姫路市のローコスト住宅I様邸のロフトの様子です。 床仕上げのタイルカーペットは50㎝角の物が270円程度でホームセンターでも販売されています。...
建築工事は屋外での作業で、季節により寒い時や暑い時もあります。 現場で作業される職人さんは、体に負担が相当かかるものです。 こんなときって人間だれしも、寒かったり、暑かったりすると、しんどいし、いらいらするものです。 まだこれからきちんと仕上げる工事途中の段階で.不具合があると指摘する方もありますが、...
心地良い家 · 2022/03/24
デザイナーズ住宅岡山のS様邸は後から簡単にもう一部屋増やせる様に設計しました。 写真は2階から小屋組みを見上げたところです。 小屋組みの梁をマス目に組んで、周囲にも桁を見せています。 こうしておくと、水平にマス目に組まれた梁の上に構造用合板を張る事ができます。 切妻屋根の形状から生まれる小屋裏空間にもう一部屋できます。...

さらに表示する